ページの先頭です

演題募集要項

一般演題(ポスター演題)を下記の要領にて募集いたします。多数のご応募をお待ちしております。

1.演題募集期間

演題募集を締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。

*発表データは日本語又は英語とし、演題は、原則として発表当日の時点で未発表のものに限ります。

2.演題応募方法

演題はすべてEメールにて募集いたします。募集要項の記載事項を確認の上、ご応募ください。
1)下記より、抄録フォーマットをダウンロードしてください。

抄録フォーマットダウンロード

2)抄録など必要事項をすべて入力後、下記運営事務局の演題登録用メールアドレス宛にファイルを添付して送信してください。メールの件名は、【演題登録】としてください。
3)受領通知は、メールアドレス宛に送信いたします。メールが届かない場合、または、抄録がうまく送信できない場合は、上記運営事務局(演題担当)までお問い合わせください。
お問合せ時のメール件名は【お問合せ】としてください。
4)投稿された抄録は、原則としてそのまま印刷されます。提出者の責任において正確に作成してください。演題名・抄録本文のほか、共著者についても十分ご確認ください。
募集締切後の抄録の変更、および共著者の追加・変更は一切できません。

<抄録、演題登録に関するお問合せ先>
第10回 日本蘇生科学シンポジウム 運営事務局 演題担当あて
E-mail:jress10@sunpla-mcv.com

3.発表形式

ポスター発表のみとなります。

4.演題募集に関する注意事項

1)演題名

日本語及び英語、それぞれ半角100文字(全角50文字)以内で入力してください。

2)演者名

演者名・共同演者名は正確に記載してください。特に異体字などは注意してください。(例:斉、斎、齊、齋)
演者および共同演者は、合計で5名まで登録可能です。6名以上は受付できません。

3)施設名

  • 省略せずに記載してください。(昭和大病院×、昭和大学病院○)
  • 施設名の表記方法は統一のために変更させていただくことがあります。
  • 施設名は最大7件まで登録可能です。8件以上は受付できません。
  • 施設名は演者1人について、2つまで選択可能です。1人の演者について3つ以上の施設を選択することはできません。

4)抄録本文

抄録本文は、日本語1000文字以内、英語2400文字以内でご登録ください。

5)研究カテゴリの選択

以下の中からご選択ください。
 BLS(一次救命処置)
 ALS(成人の二次救命処置)
 NEO(新生児の蘇生)
 PLS(小児の蘇生)
 ACS(急性冠症候群)
 NR(脳神経蘇生)
 FA(ファーストエイド)
 EIT(普及・教育のための方策)

6)利益相反の開示

共同演者がいる場合、共同演者の情報も必要です。COIページをご確認の上開示をお願い致します。

5.発表方法

ポスター掲示のみとなります。口演発表はございません。

6.お問合せ先

<抄録、演題登録に関するお問合せ先>
第10回日本蘇生科学シンポジウム 運営事務局
株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部
〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6F
TEL:03-5940-2614 FAX:03-3942-6396
E-mail:jress10@sunpla-mcv.com

このページの先頭へ

利益相反の開示について

利益相反に関する自己申告の提出

  1. 日本周産期・新生児医学会が定めた利益相反指針及び指針細則に則り、「発表者の利益相反自己申告書」の提出が必要となります。「発表者の利益相反自己申告書」は、応募演題が臨床研究に関わる場合に限り、筆頭演者及び研究責任者が提出してください。
  2. 原則として利益相反状態の有無は演題の採択には影響しません。
  3. 演題が採択された場合、利益相反状態の有無にかかわらず、利益相反開示スライドは、全ての発表者にご開示いただく必要がございます。

利益相反状態にある場合の記載例

今回の演題に関連して、開示すべき利益相反状態は以下のとおりです。

  • 報酬/○○製薬株式会社
  • 講演料/□□製薬株式会社
  • 原稿料/◇◇製薬株式会社
  • 研究費・助成金(寄付講座所属)/株式会社××

利益相反状態にない場合の記載例

  • 今回の演題に関連して、開示すべき利益相反状態はありません。
このページの先頭へ