ページの先頭です

プログラム

9:00~9:05 J-Ress会長 開会挨拶
板橋家頭夫 (第53回日本周産期・新生児医学会学術集会会長、
 昭和大学医学部小児科学講座)
9:05~9:15 JRC代表理事挨拶
 野々木 宏(静岡県立総合病院)
9:15~11:45 シンポジウム1 「母体救命を考える」
座長 :池田 智明(三重大学医学部 産科婦人科学教室)
:石川  源(日本医科大学千葉北総病院 女性診療科・産科)
演者 :「妊産婦死亡の現状と課題」
  長谷川潤一(聖マリアンナ医科大学 産婦人科)
:「妊産婦の心停止に対する対応」
  照井 克生(埼玉医科大学総合医療センター 総合周産期母子医療センター 周産期麻酔部門)
:「妊産婦の心停止に対する救急医から見た対応」
  櫻井  淳(日本大学医学部 救急医学系救急集中治療医学分野)
:「妊産婦心停止についての対応におけるJRCガイドラインと
  他国のガイドライン上の推奨の違いについて」
  山下 智幸(日本赤十字社医療センター 救急科)
:「我が国の死戦期帝王切開の実態」
  室月  淳(宮城県立こども病院 産婦人科)
:「J-CIMELSについて」
  関沢 明彦(昭和大学医学部 産婦人科学講座)
総合質疑応答(11:15~11:45)
11:45~12:00 休憩
12:00~13:00 ランチョンセミナー  共催:マシモジャパン株式会社
座長 :茨   聡(鹿児島市立病院総合周産期母子医療センター 新生児内科)
演者 :「周産期鎮痛における呼吸数の重要性~非侵襲モニターRRa®を中心に~」
  柿沼 孝泰(東京医科大学 麻酔科学分野)
:「新生児医療における非侵襲的モニタリング」
  伊藤 直樹(帝京大学医学部 小児科学講座)
13:00~13:15 休憩
13:15~14:00 特別講演 「NCPRの歴史」
座長:茨   聡(鹿児島市立病院総合周産期母子医療センター 新生児内科)
演者:田村 正徳(埼玉医科大学総合医療センター 総合周産期母子医療センター)
14:15~17:15 シンポジウム2 「ガイドライン2020に向けての課題」
総合座長 :野々木 宏(静岡県立総合病院)
:細野 茂春(日本大学医学部小児科学系 小児科学分野)
BLS(一次救命処置)
座長:坂本 哲也(帝京大学医学部救急医学講座)
演者:畑中 哲生(救急振興財団救急救命九州研修所)

ALS(成人の二次救命処置)
座長:森村 尚登(東京大学医学部附属病院 救急部)
演者:笠岡 俊志(熊本大学医学部附属病院 救急・総合診療部)

座長入れ替え(14:45~14:50)

NEO(新生児の蘇生)
座長:細野 茂春(日本大学医学部小児科学系 小児科学分野)
演者:杉浦 崇浩(豊橋市民病院 小児科)

PLS(小児の蘇生)
座長:松裏 裕行(東邦大学医療センター大森病院 小児科)
演者:黒澤 寛史(兵庫県立こども病院 集中治療科)

ポスター演題閲覧(15:20~15:50)

ACS(急性冠症候群)
座長:田原 良雄(国立循環器病研究センター 冠疾患科)
演者:菊地  研(獨協医科大学救命救急センター 集中治療室)

NR(脳神経蘇生)
座長:永山 正雄(国際医療福祉大学医学部 神経内科学)
演者:横堀 將司(日本医科大学付属病院 大学院医学研究科 救急医学分野)

座長入れ替え(16:20~16:25)

FA(ファースエイド)
座長:加藤 啓一(日本赤十字社医療センター 麻酔科)
演者:田邉 晴山(救急振興財団救急救命東京研修所)

EIT(普及教育のための方策)
座長:石見  拓(京都大学環境安全保健機構 健康管理部門・附属健康科学センター)
演者:武田  聡(東京慈恵会医科大学 救急医学講座)

総合質疑応答(16:55~17:15)
17:15~17:25 JRC Okada Award表彰
 岡田 和夫(日本蘇生協議会 名誉会長)
17:25~17:30 実行委員長挨拶
 細野 茂春(日本大学医学部小児科学系 小児科学分野)
PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。
最新バージョンのダウンロードをお勧めいたします。
このページの先頭へ